大人ニキビのケア

大人ニキビができやすい人の多くは、自分はオイリー肌だからだとおもっている人が多いのです。そのために油分が少ない、サッパリタイプの化粧品を使っている人が多いはず。

確かに表面は脂っぽくても、肌の内側は乾燥している人が沢山いるんですよ、いわゆるインナードライというやつです。インナードライの人がニキビができたからと言って、1日に何度も洗顔をしたり、サッパリタイプの化粧水を付けたりすると、ニキビができやすい肌になってしまうのです。

ニキビは潤いのある健康な肌にはできません。乾燥・脂性の肌にニキビはできてしまいます。潤いのある健康な肌とは、角質が整ったキメの細かい肌です。そんな健康な肌にするためにも、油分と水分はとても重要なのです。

油分と水分のバランスが良ければ、ニキビ予防をすることにもなります。ニキビを作らない肌にするためには、まずは自分の肌質を知ることです。自分の肌質にあった化粧品を使い、ニキビが出来ない健康な肌にしましょう。

Tゾーンは脂っぽいけれども目元や口元が乾燥する・洗顔後にツッパルという方は、もしかしたらインナードライかもしれません。洗顔のしすぎには気を付けてくださいね。

またインナードライの方は、Tゾーンはサッパリタイプの化粧品を使い、他の部分にはしっとりタイプの化粧品を使うなど、使い分けすることでもニキビの発症を防ぐことができます。