日焼けしたようにみせるメイク

日焼けは健康的に見えるし、引き締まってもみえるので悪いことばかりではない。・・・と言いたいところですが、やっぱり年齢を重ねると、そうもいってられないですよね。

それに紫外線の量は年々増えているともよく聞きます。紫外線で怖いのはやっぱり日焼けですよね。日焼けはシミやそばかす、シワなどにもなってくるので気を付けたいところです。お肌を保護するためにも日焼け止めなどを使ってしっかり紫外線対策していきたいですね。

紫外線対策はしっかりやりつつ、夏なのでメイクでブロンザーを使って、夏らしいブロンズの肌を演出してみるのも良いかも。ブロンザーは色んなメーカーからも出てますので、使いやすさや色の好みなど自分に合ったものを使ってくださいね。

わたしはとりあえずパウダータイプのブロンザーを使ってメイクしています。化粧下地や日焼け止めなどを塗ってから、いつもより少し色の濃いファンデーションを顔全体に塗ります。この時の化粧下地などは、なるべく白っぽくならないのが良いですよ。

そしてブロンザーをブラシにとり、頬の高いところや鼻にふんわりのせます。薄めにつけてぼかしていくような感じです。日焼けしたようにみせるので、本当に日焼けした時最初に焼けるところにつけていくのが良いそうです。

そしてゴールド系のハイライトを目の脇から目の下までいれます。なるべくパールやラメなどが入ったものだとツヤ感が出て使いやすいかも。