紫外線を浴びた後

紫外線対策に日焼け止めを塗り忘れてしまったり、思いがけず紫外線をたくさん浴びてしまうこともあると思います。そういったときこそ、その後の肌のお手入れがとても大切です。紫外線を浴びてしまうと、お肌から多くの水分が奪われてしまいますので、乾燥してしまいます。

そして、少し熱を持ったような状態になってしまうのです。ですから、まずは紫外線を浴びてしまったら、最初に肌への水分補給をしっかりとしなくてはなりません。自宅に戻ると同時に、まずは洗顔をし、肌の表面の汚れをきちんと落としてスキンケアの準備をするようにしましょう。

それから、化粧水をコットンに十分に含ませて、顔全体に丁寧にパッティングしていくと紫外線を浴びてほてった肌には効果的です。市販されておるフェイスマスクがもしあれば、肌への化粧水の浸透もよくなりますし、より使い勝手が良いので役に立つと思います。

もしなくても、コットンに化粧水を含ませて、そのままはってもいいのです。私は、普段のスキンケアでもこの方法を使うようにしています。お金もかからないですし、手軽にテレビを見ながら出来ちゃいますよ。化粧水でしっかり水分を補給した後は、美容液をしっかりと肌に塗りこみ、仕上げに乳液やクリームなどで潤いをキープするように心がけましょう。紫外線を浴びても、しっかりケアしていけば、シミやシワが出来にくくなります。