アンチエイジングと睡眠

アンチエイジングという言葉が日本で使われたのは美容業界だそうです。そのため「女性が肌を若々しく保つ方法」と認識されていますが、それはアンチエイジングのほんの一部ということです。

抗加齢医学の本来の意味は、老化を一つの病気ととらえ、その原因や予防法を探り「健康寿命」を維持することだとか。健康寿命を長く維持するには、体に弱点を作らないことだと言います。年齢を重ねると身体のどこかに弱点が出ます。生活習慣病予防でもよく言われるように「バランスの良い食事、良質な睡眠、適度な運動」をしていくことが、何より有効な予防法となります。

最近、寝不足や過激なダイエット、暴飲暴食はしていませんか。毎日を丁寧に穏やかに過ごすことが大切です。良質な睡眠をとらなければ、食事から摂った栄養は十分に代謝されず、脳や心身の疲れも回復しません。また、運動をしなければやはり、骨や筋肉は衰えてしまいます。忙しい毎日で、つい生活が乱れてしまいがち。生活習慣病はほとんど年齢によるものではなく、日常生活の結果生まれています。

良質な睡眠のために食材にも少しだけ意識を向けてください。大豆・乳製品・ゴマ・小魚・海藻類・春菊・青梗菜などは鎮静作用があり、イライラしたりしている気持ちを抑えてくれる効果があります。またカルシウムを摂取する事で眠りを助ける効果があります。逆に、コーヒーなどのカフェインは良い眠りを妨げるものとされています。このカフェインの作用が体内から消えるまで摂取してから3?4時間はかかると言われています。ですから夕方以降はなるべく摂取しないようにしましょう。

アスタリフトでアンチエイジングしませんか?コラーゲンが自慢のスキンケアです。

よい睡眠のためには、よい寝具も大事なポイントです。